訪問看護での仕事

近年、需要が増えている看護師の職場として介護現場での仕事があります。
訪問看護ステーションを利用する人の数は年々増えており、利用者にとってなくてはならない存在となっています。
勤務条件など、病院などで働くことが難しい看護師にとっては、比較的働きやすい条件で勤務できる訪問看護ステーションはよい就職先として、転職先としても人気のある職場です。

訪問看護ステーションでの看護師の仕事は、在宅で療養生活を送っている患者が安心して生活できるように行う医療的な援助です。
具体的には健康状態のチェックや清拭、入浴、排泄、食事の介助、リハビリの補助に加え、利用者の自宅に設置されている医療機器の管理や点検も行います。
床ずれの処置も訪問看護では多い仕事のひとつです。
また、自宅で日常的に介護をしている患者の家族に対して、生活面での注意やアドバイスを行うこともあります。
訪問看護を必要とする患者は体力的に弱っていることが多いため、訪問看護師は外部から病原菌を持ち込まないよう注意する必要があるなど、訪問看護特有の注意点などもありますが、自宅で介護する家族によりそい、患者と家族にとってよりよい環境を作る手助けをする仕事です。
日常的な介護でストレスを感じている家族にとっても、看護師の訪問が心を軽くする効果もあり、看護師にとってもやりがいのある仕事です。

看護師を募集している訪問看護ステーションはたくさんありますが、その中でもより自分にあった訪問看護ステーションを選ぶことでより充実した仕事をすることができます。
特に注意したいのが、患者の容態の急変に対応できるよう、いつでも受け入れ可能な医療機関との連携が取れているかどうかです。
基本的に患者とひとりで向き合うことになる訪問看護の看護師にとって医療機関との連携はなによりも大切なポイントになります。

訪問看護に伺う際の交通費の精算方法や一日に訪問する患者数の数など細かい点まで確認することも大切です。
また、担当する患者の必要とする介護の状態なども事前に聞いておくと安心です。

夜間や休日対応もときにはある仕事なので、細かい条件まで確認した上で就職することで、よりスムーズに納得して仕事に入ることができます。
自分で確認しにくい点などは求人サイトなどのコンサルタントを利用するなどの方法も有効です。
転職はより自分にあった職場を見つけるために行うわけですから、焦らずじっくりと職場を選ぶことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です